2019/12/12 12:04

イベント出店や体調不良などにより、更新がすっかり途絶えておりました。


改めてOWASEマルシェに来ていただいた皆様、そして


12/8オウチノワークスさんでの小さなクリスマスに足を運んでいただいた皆様、本当にありがとうございました


どちらも冬とは思えない陽光で、色んな方とお会いすることができました。





さてさて、暫く停滞しているアトリエ兼店舗の改装はさぞ進んでいるのかと思いきや、


出店準備等に追われ、順調という言葉には程遠いように感じられる今日この頃です。



前回は胴縁を外したところまで書きました。


コンクリートブロックに残っていた釘を数えきれぬほど取った後、今度はペンキを塗る作業に入ります。


引っ越して来た際に借家を改装するときに使ったシーラーとペンキの残りがあったのでそれから使うことに。


意気揚々と一旦右側のブロック塀にシーラーを塗ってから気づいたこと。


ブロックとブロックの間のモルタルが盛り上がっているところもあればほとんど入っていないところも多く、


凹んでいる箇所に塗料が入らず、塗っても仕上がった際にチェック柄のようになってしまうことが分かり、


埋めるしかないのでモルタルを買いに行くことに。




初めて扱うモルタル。ある程度の緩さで左官屋さんみたいにスッと塗り込むイメージだったのですが、


掬って壁に当てた瞬間、


ボトッ


9割5分床に落ちました。


粘土を硬くしてみてもうまくいかず、ブロックの間を埋めれないので、ついに諦め、


ゴム手袋を2重にして


モルタルを手で掬い、塗り込んで行くことに。


破れたゴム手を何度も変えて、塗り込み、終わった後の感じを見る限り、


綺麗になったというより、見た目おどろおどろしくなり、達成感よりも不安に包まれていたのですが、


後日ペンキ塗りの時にはチェック柄になる心配もなくなりました。


反対側もモルタルを全て塗り終えました。


ブロック塀はペンキを2度塗りして、なんとか終えたのはもう少し前のことだったのですが、


そこからまだ考えることが山のように残っており、ここからしばらく改装停滞期に入ります。因みにまだ停滞中です。


初めは自分の作業台とほんの少しのディスプレイからでも始めれたらいいなと思っていますがどうなることやら。


皆様も体調にはくれぐれも気をつけてお過ごしください。


(つづく)